日出づる国のはる

日本が好き。 日本が好きな日本人が好き。 日本が好きな政治家が好き。 これらの前提で世界が好きな人が好きです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんて煽ってるようなタイトルですみませんm(。。)m

でも、私としては一貫して、冷静に行動しましょう、
というスタンスなので、題名の意味がわかってくるかと思います。
お時間があれば、最後まで読んでやってください。

ではまずはこれ。

【野菜欲しい・・・】

なんと!
関東、東北の野菜セットがあったなんて!!!

次の入荷があったら買いたいと思います。
先日10円のイチゴもありましたねぇ。
あれも激しくほしかった。

■茨城の野菜販売を市場に要望(茨城県JA担当者)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110330/t10014981561000.html

■松本で福島・茨城の野菜安全PR 福島大生が販売・売り切れ
http://www.shinmai.co.jp/news/20110328/KT110327SJI090007000022.htm

一通りネットで探したのですが、売ってなかったです。
入荷次第、購入したいと思っていますが、出てくるかなー。

もし今、現地産(震災以前のものではなく)売ってるところがあったら教えてください。

【で、結局原発ってどうなのよ】

ここのところ、少し落ち着いてきた感じがあります。
プルトニウム検出はさすがに、うわって思いましたが、それでも
爆発騒動のあたりに比べれば、少しは平静を取り戻したところでしょうか。
(被災地の状況はあいかわらず厳しいようで本当に心配ですが・・・)

前から散々言ってますし、皆さんもよく日記に書かれていますが、
結局は冷静に情報を集めて、個人個人が自分なりの線を引いて、
どのような行動をどういうときに取るのかを考えるしかない、
というのが大事なのかな、って思っています。

■全国の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

こういった実測値を毎日確認するのはやりつつも、
いろんな専門家の動画や文献を読んでいます。

■武田邦彦教授
http://takedanet.com/

今はこの方を個人的には一番信用しています。
プルトニウムは怖いですが、でも、その怖いプルトニウムも
どんなものかがわかれば、少し怖くなくなりますね。

そして政府は信用できない、と言えば、政府が信用できない理由が
なぜか、と解れば、少し怖くなくなりますし、どうすればいいのかが見えてきます。

私たちが怖いのは、「良く分からない状況」だと思っています。

だからこんなことも起こります。

■「不安」に振り回されぬよう 「普段と違う状態、自覚を」専門家
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/499866/

そうなんですよ。
私たちは「普段と違う」んです。

だから、

「あのね、あるブログに○○って書いててさ」

って言われて、普段なら「ネタ乙!」って言えるものが
なぜか「やばい、どうしよう!」ってなります。

ジャッキー・チェンの話にしても「それほんと?どこの情報?」
って普通なら考えるのに、一気に浸透してみたり。

そう、私たちはやはり普通じゃないんですよね。
だから本来、普段よりも「慎重」にならなきゃいけないと思います。

・○○の友人から聞いた
・○○が言ってた

こういった場合、必ずその元ネタを探してくるようにしましょう。

【で、福島原発だけじゃないって何なのよ】

はい、ご存じな方はいると思いますが、日本という国はすでに
かなりの放射線を浴びていると考えざるを得ないと思っています。

最近有名になったブログはこちらです。

■放射性物質にさらされた世代
http://plaza.rakuten.co.jp/junko23/diary/201103210001/

これは多くの人が読まれたと思いますが、実際に経験した「事実」です。
当然、今回の事故による放射線量は記載されている
グラフよりも高いだろう、という想定はされています。
ただ、闇雲に騒いでも仕方ないであろう、という見方もあります。

繰り返しになりますが、実際に蓄積されたものが悪さをするのは
現場作業者レベルで浴びない限りは、数十年後だというのが妥当でしょう。

なので、小さなお子様がいる場合は年配の方に比べて、
避難範囲が広いほうがよいのは当然です。

政府が信用できないのなら、他にも情報を集めましょう。
でも、集めた情報もあらゆる視点からの調査、分析、結論付けが必要です。

特に「観測データ」はなかなか嘘をつくことができません。
実際にガイガーカウンターを放送している人もいますね。
こういった数値は政府が何を言おうとどんなことを言っても覆されるもの
ではありませんから、政府が信用できないなら、自分から積極的に
情報を集めていくしかないでしょう。

ということで、原発以外、つまり、一番可能性が高いところの
「大陸からの砂(黄砂)」についていろいろ調べてみました。

■東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測
http://www-cfors.nies.go.jp/~cfors/index-j-old.html

こんな感じで分布するんですねぇ。
で、いろいろ読んでたら、こんな記事が。

■今年春、飛行機も飛べない「特大黄砂」襲来か(東亞日報)
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2011032347118

こわいですね。
毎年毎年、黒い車に雪のように積もるものがあるんですが、
あれがすべて花粉だと、すでに私は終わってるはずなので、
黄砂の可能性も否定できないですね。

で、こういった記事を見つけました。

■黄砂に含まれる放射性セシウムの起源推定
(独立行政法人農業環境技術研究所・環境化学分析センター・研究員)
http://kaken.nii.ac.jp/en/p/16710038

なるほど、今話題のセシウムについてはやはり黄砂に含まれていて
北日本や日本海に飛んできててもおかしくはないわけですね。

じゃ、黄砂って何が含まれてるんでしょうか。
こんな記事がありました。

■黄砂の付着する病原菌に関する研究
http://jdream2.jst.go.jp/jdream/action/JD71001Disp?APP=jdream&action=reflink&origin=JGLOBAL&versiono=1.0&lang-japanese&db=JMEDPlus&doc=10A0455849&fulllink=no&md5=b44cffed038ebe7dc01a9776e836124a

「口蹄疫や豚コレラは,中国からの黄砂や大気汚染物質に付着して飛来することが疑われる。」

うーん、怖いですねぇ。。。
こう考えると、シナに近い地域ってすでにやばいんじゃないでしょうか。

そこで!

実際の実測データを見てみましょう。

まず、シナの実測値です。
(ソースは2chですが、元はちゃんとしたところです)

■中国 大気モニタリング全国の放射線吸収線量率(2011年3月22日24:00 - 23日03:00)
http://haq.mep.gov.cn/gzdt/201103/t20110323_207392.htm

・深?市 108.0-108.9 nGy/h
・北京市  77.5- 77.8 nGy/h
・广州市 107.6-108.3 nGy/h
・ラサ   187.7-189.1 nGy/h

基本的にどこも、70nGy/hを超えています。

じゃ、首都圏の実測値見てみましょうか。

■日本 横浜市内における放射線量の測定状況について( 3月27日12:00 - 3月28日11:00)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/saigai/
・横浜   52 - 55 nGy/h

まあ、シナが汚染されてるのなんて当たり前だよ!と
わかってる方には大したことない話ですが、これが現実です。

で、さらに突っ込んでみましょう。

シナ韓国に近い福岡はどうでしょうか。

■福岡県の放射線についての調査結果(環境放射能水準調査)
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/a01/housyasen.html

「本県の2006~2009年度の平常値の範囲は、おおむね0.034マイクロシーベルト~0.079マイクロシーベルト/時です。」

http://atmc.jp/ の単位を参考にして、

※単位:1μGy/h(マイクログレイ毎時)≒1μSv/h(マイクロシーベルト毎時)

としましょう。
つまり福岡は、2006~2009年で34~79μGy/hですね。

・・深?市 108.0-108.9 nGy/h
・北京市  77.5- 77.8 nGy/h
・广州市 107.6-108.3 nGy/h
・ラサ  187.7-189.1 nGy/h
・福岡 34~79μGy/h
・横浜  52 - 55 nGy/h

しかも横浜は3/16に150nGy/h を記録したものの、その後は減少の一途をたどっています。

【これらから考えられること】

ということで、私は「政府だけの情報」に頼っているわけではありません。
そもそも今の政府与党が民主党の時点で信頼できるわけがないじゃないですか。

それはみんなわかってることです。
だからこそ、あらゆるところから情報を取ってきます。

・早く逃げろ!
・日本終了
・避難しなければ手遅れだ!

などと言って煽る人も多いですが、これはこれで、私にとってはとても貴重な情報です。

そこで提示されている情報の精度が高くて、
「逃げろ!」っていうなら一考の余地があるからです。

でも、私自身はまだ、この都内から逃げるつもりはさらさらありません。

むしろ、西に行くことで帰って高い数値の場所もあったり、
それこそ飛行機を使えば、高度があるために短時間で蓄積しちゃいます。

だから、今はここを動きません。

「政府がああいってるから安心」

なんて思ってないんです。
不安だからこそ、安心するための情報収集が必要なのです。

ひとつだけ枝野氏に同意することがあります。
事を起こすにしても、専門家の発言や情報、これまでの試験結果などから
シミュレートして、確実なやり方でやっていかないと、
行き当たりばったりな対処は必ず後から破綻します。

そして、なるべく実績のある試験、実績のある数値を参考にしなければなりません。

私は内閣、民主党は「行き当たりばったりな人々」だと思っています。
だからこのようなことになっています。

だから、本当に避難しなければいけないときが来るかもしれないと思っています。
上記政府の対応不備、そして原発の管理不行き届きも含めた、人災として、です。

でも都内はまだそのときではない、と個人的に思っています。
福島県内の政府の避難指示に従っている方々に対しては
できれば、政府指定の範囲よりも、可能であれば外のほうがいい感触です。

しかし今すぐ名古屋より西へ!という感覚ではありません。

政府があのように言ってる以上は、できる限り情報を集めて、
自分なりのリミットを決めておく必要があります。

政府が行ってくれなかった、なんていうことがないように、
己を信じ、自分の周りの人々を信じ、自分の信じる人を信じましょう。

最後に私は、この方を支援します。

■こういう時に、率先して福島・茨城・群馬・栃木県産の品を購入するのが支援というものだ。
http://blog.livedoor.jp/shinseihoshu/archives/51833806.html#

私たちは日本人です。
最終的には中韓の人の支援をいずれ受けるときもあるかもしれません。

でも、今私たちが一番すべきは、やはり、現地の人々をどんな形であれ、
できる限りバックアップすることが大事なのです。

単純に優先度の話です。
現地の人を見捨てることはできないのです。

それで健康被害が起こったら?
それはそれでいいです。

その判断をするのは私ですから。
少なくとも、誰かを恨んだりしませんからご安心ください。

人のせいにさえしなければ、意外とどんな
ひどい状況になっても心は落ち着いているものですよ。
自分は自分でしかないんですから。

だから、麻生さんの言葉を借りて言いますが、


「私は逃げません」


以上です。


【参考】
※リンク切れも多いので、その際はタイトルを参考にしてください。

【沖縄】中国大陸から流入の光化学オキシダント、県内で健康被害の恐れ~県が緊急時対策まとめる[03/16]
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-03-16_4545/

【社会】全国で「黄砂」が観測される
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100322ATDG2102221032010.html

【中国】 黄砂に乗ってカビや細菌、日本に飛来か~『微生物の箱船』の可能性、金沢大調査[06/20]
http://www.asahi.com/science/update/0619/OSK200806190087.html

【韓国】黄砂に含まれる浮遊粒子状物質(有害)が27倍に急増 ~鉄・マンガンなど重金属 [3/10] 
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1141974426/

【レコードチャイナ】環境汚染による健康被害が多発、農村では「新型汚染」も―中国[2010/3/21]
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40677&type=
>放射能や細菌、化学薬品といった「新型汚染」にも直面していると指摘した。
~~~~~~~~~~~~~~~

四川大地震:震源地で大量のコンクリート噴出、地下核施設爆発か
http://www.epochtimes.jp/jp/2008/06/html/d45970.html

今、四川省で何が起きてるのか【核施設問題・四川大地震】
http://kawasumi.iza.ne.jp/blog/entry/595440/

環境放射線データベース(日本分析センター)
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/top.jsp
環境放射線データベースは、文部科学省が、関係省庁、47都道府県等の協力を得て実施した、 環境における放射能水準の過去の約300万件の調査結果を収録しています。

プロフィール

springtreetop

Author:springtreetop
はるです。よろしくおねがいします!(紹介文工事中)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

日本に誇りを持つ1000人ブログ 気づいたらmy日本 FC2 Blog Ranking

フリーエリア

---

    follow me on Twitter

    ---

    Copyright ©日出づる国のはる. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。