日出づる国のはる

日本が好き。 日本が好きな日本人が好き。 日本が好きな政治家が好き。 これらの前提で世界が好きな人が好きです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こんばんは。
少しご無沙汰してました。

タイトルの内容に入る前に、ちょっとこれまでのことを整理してみます。
もし、前置きはいいよ、という人は次の日記、別途載せますのでご覧ください。
(しばらくはこのシリーズを連載したいと思っています)

---

今日は5月7日。
地震発生から57日目となります。
折りしも、地震とは別に自分自身の身の回りにも大きな変化が
起こっていたときでもあったのでいろんな思いが頭の中を巡りました。

しかしその中でも常に気をつけてきたのは、冷静な情報収集と
分析、そしていつも以上に疑心暗鬼にならないこと、でした。

以前から何度も書いている通り、こういうときは特定の利益を
得るために暗躍する人々が現れやすい状況にあります。

人をコントロールしやすい状況とは、まさに人の心が
弱っているときであり、怪しい宗教団体、あるいはカルトや
陰謀論的なものが流行するのもうなづけるものがあります。

そんな中、私が唯一わからないことがありました。

それは

結局被災地で何が起こっているのか

ということです。

それがはっきりしない状況なのに、
先走ったやり取りが多かった気がします。

たとえば息抜きになるようなことを書いた人を不謹慎だ、
と攻撃する人もいれば、みんなを安心させようと
頑張っていた人を攻撃する人もいたし、逆にあまりにも
不安がらせる人を攻撃する人もいました。

ここで言いたいのは、その「攻撃性」こそが
今回の震災の裏に隠れている「人災」だと思っています。
普段なら起こらないはずの衝突が多いのもそのせいだと思っています。

議論と攻撃は別モノです。
攻撃とは、ニュートラルな物の考え方から逸脱した人が行います。

たとえば、以下のようなものでしょうか。

・誰かを守るため
・プライドを守るため
・間違ってやってしまったことを間違ったと素直に謝れないため
・利権のため
・何か自分の地位を揺るがすことを防ぐため

とはいいつつも、私も上記のいくつかに
ついてはうなづけることがあります。

実際、誰かを守るために鬼になるべきときもあるでしょう。
しかし、一方でその「私情」をなんとか抑えるべきときもあります。

例として、「死刑賛成・反対」があります。

ある弁護士さんが、ひたすら死刑の反対を訴えていました。
しかし、妻を殺されて、賛成に転じた。

これは実は、人情的にはよくわかります。
この人は自分の身内を失うことで気づいたんでしょうから。
しかし、、、もし本当のプロなら、ここで反対を訴えるべきでしょう。
そのくらいプロの一貫性、ブレないスタンスは大切だと思っています。

逆の例でいうと、被災地で救援活動、捜索活動を
していた検視官が当てはまるでしょうか。
地元の検視官であれば、もしかしたら行方不明の
身内の遺体が見つかるかもしれない。

そのときに身内だから、という
私情を挟んだ行動はできない、ということです。
自分の身内だとしても、他人だとしてもプロとしては
私情を抑えて任務を果たさないといけないわけです。

つまり、「私情」は諸刃の剣である、と思わなければなりません。

私情は判断力を曇らせます。

もちろん、最終的な大勢に影響しない私情は良いと思っていますが、
まずは物事を考える際に、私情を抜きにしてアプローチする、
それができないと物事の全容を見ることができないでしょうし
後になって、きっと後悔する、と思うわけです。

そして間違っていた場合には持論を撤回して謝罪する
勇気が日本人として是非ともほしいところであります。

---

さて、そんなこんなでつらつらと書きましたが、
実は、1ヶ月くらい前より・・・、

こまけぇことはいいんだよ

と思ったんです。
上に書いてたことなんて、どうでもいいって思いに変わっていきました。

なんだかんだ言ったところで、私たちが遠い場所に
いる限りは、「確実な事実はわからない」ってことです。

「被災地では○○が起こっています」
「だから被災地へ声を届けないと!」
「被災地の人の気持ちになってみろ!」
「下手に被災地へ声を届けないほうがいい」

結局、よくわからない人たちがよくわからないまま
議論するからおかしくなるのではないかと。

だから

わかろう

って思いました。
ずっと思ってました。

そんなとき、ご縁がありました。
だから、被災地、行って来ました。

ということで、続きます。
(ちょっとお待ちを)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

springtreetop

Author:springtreetop
はるです。よろしくおねがいします!(紹介文工事中)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

日本に誇りを持つ1000人ブログ 気づいたらmy日本 FC2 Blog Ranking

フリーエリア

---

    follow me on Twitter

    ---

    Copyright ©日出づる国のはる. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。