日出づる国のはる

日本が好き。 日本が好きな日本人が好き。 日本が好きな政治家が好き。 これらの前提で世界が好きな人が好きです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.02.17    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日は統一地方選に向けて非常に素晴らしい情報をいただきましたので、拡散します。

政治に興味がない方、今回誰に投票しようか悩んでいる方、是非ともご確認ください。

---ここから転載---

4月の第17回統一地方選挙が近づいて来ました。
今回はその概要と戦略をお知らせします。

【概要】
4月10日と4月24日の2回に分けて選挙が行われます。

4月10日・・・都道府県の首長(知事)と議会議員の選挙。
① 知事選挙・・・北海道、岩手県、東京都、神奈川県、福井県、三重県、奈良県、鳥取県、島根県、徳島県、福岡県、佐賀県、大分県
② 都道府県議会議員選挙・・・44道府県議会(茨城、東京、沖縄を除く)
③ 政令指定都市市長選挙・・・札幌市、相模原市、静岡市、浜松市、広島市
④ 政令指定都市市議会議員選挙・・・静岡市、北九州市を除く17市

4月24日・・・市区町村の首長(市長、区長、町長、村長)と議員の選挙。
① 選挙前遡って4年間に市町村合併終盤が重なったこともあり詳細な実施数は未定。
② 国会議員の補欠選挙が実施される場合はこの日に併せて行われる予定。



【戦略の重要性】
保守の仲間同士で認識を一致させ、目的を共有し、戦略的にある程度意思統一を図ることは、足並みを揃えるために重要な事です。敵の定義が明確になり、粉砕しやすくなるし、一票でも上積みするにはどうしても欠かせないものです。

選挙を3ヶ月後に控え、ここらでこの選挙をどのように戦えばいいのか?
我々は今回の選挙で何を目指すのか?
そのためにはどうすればいいか?
我々にできることは何なのか? もうそろそろ考えなければなりません。
(ほんとはもう遅いくらいなのでしょうが・・・)



【戦略】
以下に、現段階での僕の個人的な大局的意見を述べます。

Qまず、統一地方選の位置づけとは? そんなに重要なものか?
国政には興味あるけど、地方政治にはイマイチ興味がないという方、正直多いと思います。しかし、それは認識を変えていただかなくてはいけません。

小さな小川が集まって大河となるように、どんな大きな川も、小さな水の流れが集まって出来上がっているのです。
大河の水質汚染を防ぐには、支流、源流、小さな小川から汚物を排除するしか方法はありません。

政治もまた同じ。地方政治(上流)が汚れているからこそ、国政(下流)がかくも腐敗臭漂うヘドロ大河になってしまっているのです。
地方政治の集大成が国政ですから、地方こそ本当は大事なのだと思います。
地方を制す者、国政を制す。
国政を変えたければ、まずは地方政治から変える必要があります。
健康になるためには、まずは食べ物から変える必要があるのと一緒です。
時間は掛かりますが、地方政治の正常化なくして、国政の正常化はありえません。
だから認識としては国政のためにまずは地方が大事であり、順番としては国政より先なのです。それほど地方選というものは大事であるという認識を、皆さんに等しく持って頂きたいです。



Qどの程度勝てばいいのか?
今度は放っておいても勝てるだろう・・・と思っている人、何気に多いのではないでしょうか?
確かに、民主が自滅気味なので放って置いても勝てる可能性は高いでしょう。
しかし単に勝てばいいとは僕は思っていません。。。

みなさん憲法を改正、又は創憲したいと思いませんか?
日本を日本人の手で守れるようにしたいと思いませんか?
だったら勝つだけではいけません。
徹底的にボロ勝ちしないといけません。
でないと、憲法改正に向け国政は動き出せません。。。
勝てる時には、完膚無きまでに圧勝する!
これ鉄則です。
地方選での完璧な圧勝が、憲法改正発議に必要な衆・参それぞれの総議員の2/3賛成獲得への最も近道かつ、必須条件です。

僕は今が中国に飲み込まれる前に憲法を改正するギリギリのタイミングだと思っています。また中国の脅威をリアルに感じるようになった今こそが憲法改正への議論がしやすい願ってもないチャンスだと思うのです。
また、このタイミングを逃すと、次回憲法改正の論議が熱を帯びる頃には、少なからず日本人は血を流す羽目に陥っていると思っています。それが自衛隊員だけの血で済むか、一般国民も巻き添えを食らうのかまでは分かりませんが・・・。
そのためには今回の勝ち方は、負けない戦い方ではなく、勝てばいいという戦いでもなく、勝てるだけ勝つ、1議席でも多く獲る完全完勝する必要があると思います。
そうすれば、副次的に圧倒的な敗北の責任を内閣総理大臣に求める声も当然あがるでしょう。解散総選挙に一歩近づけるかも知れませんし一石二鳥ですね。



Qどのような勝ち方を目指すのか?
上にも書きましたとおり、僕は憲法改正・創憲について国会で堂々と目指せるような地方議会による雰囲気作り、突き上げ・圧力が掛かるほどの圧勝を望みます。
最終目標が憲法改正、そのための手段として「憲法改正に向けた国会発議が可決されるレベル」なので、民主の敗北を望むだけでなく、憲法改正に反対を表明している政党は全て敵とみなして対応していくべきだと思います。



Q我々にできる事は何か?
いろいろあると思います。
応援メッセを送ったり、電話をしたり、ポスティング、情報拡散、動画制作、抗議、デモ、口コミ、寄付などなど・・・。
ただ一つ言えることがあります。
それは、地方選は、国政選挙に比べ投票率が圧倒的に低いという事です。つまりそれだけ一票の重みがますます増すという点が大きく国政選挙と異なります。
我々の腕の見せ所、頑張りどころって感じではないでしょうか^^v


特に東京都知事選はとりわけ重要です。
ここは何としても絶対負ける訳には参りません!!
そのまんま東が先日都知事選への立候補を表明しました。
個人的には恐れてた事態です。
なぜなら、瀬さんと保守の票割れを起こすだろうからです。
ここに蓮舫が出馬するような事になれば、最悪の事態も想定されます。
情報弱者は蓮舫に入れかねませんし、蓮舫都知事誕生など・・・ゲフンゲフン

もちろん、中国人旅行者迎合気味の北海道、福岡知事選も落とすことは許されません。あと、小沢の故郷岩手、神奈川知事選も重要度は相当高いものがありますし、広島市長、札幌市長選も大変重いです。。。


僕たちに残された猶予はあとわずか。
栄えある日本を取り戻す、独立自尊の道を自ら切り開くためにはどうしても負けられません。
皇国ノ興廃、コノ一戦ニアリ。
総員一層奮励努力セヨ。

各自の持ち場で、出来ることを出来る限りしましょう。
後悔しないためにも。。。

思いつくまま、個人的な思いを書き並べました。
至らぬ点など、多々あると思います。
ご指摘頂けると助かります。

(この日記、転載・拡散welcomeです)
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.02.17    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

springtreetop

Author:springtreetop
はるです。よろしくおねがいします!(紹介文工事中)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

日本に誇りを持つ1000人ブログ 気づいたらmy日本 FC2 Blog Ranking

フリーエリア

---

    follow me on Twitter

    ---

    Copyright ©日出づる国のはる. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。